mpryyy777
euo:

"Here is a man who would not take it anymore. A man who stood up against the scum, the cunts, the dogs, the filth, the shit. Here is a man who stood up."
Taxi Driver (1976) dir. Martin Scorsese

euo:

"Here is a man who would not take it anymore. A man who stood up against the scum, the cunts, the dogs, the filth, the shit. Here is a man who stood up."


Taxi Driver (1976) dir. Martin Scorsese

スタンフォード大学の心理学者によると、リフレッシュするのは脳にはもちろん良いことだそうです。ですが、精神力というのは、疲れた作業を続けると減っていくようなものではなく、精神力というものに対する考え方や、信念によって左右されるものなのだそうです。


つまり、精神力は物理的に限りあるものだと考えていると、大変な仕事をすれば、それだけ疲れやすくなるが、精神力は簡単に目減りするようなものではないと思っていると、いつまでも頑張れる、というのです。

腰の据わっていない秀才よりも、腰の座っている阿呆のほうが、結局は人生を有意義に過ごすものだよ
何かに悩んでいる人は、解決策を知らないのではなく、最良の解決策を面倒でしたくないだけだ。(森博嗣)

Twitter / 名言bot (via yellowblog) (via tokunoriben)

これも・・ 刺さります・・。

(via yozora2) (via hiasa) (via ipodstyle) (via quote-over100notes-jp)

(via catwithmoney) (via fujitomo08) (via sower)

(via kramerunamazu) (via darylfranz) (via atm09td) (via usaginobike) (via sunday-wonder) (via w210)

(via mekarauroko) (via shibats) (via konishiroku) (via mpryyy777) (via mpryyy777)
人は場に染まる。天才をのぞき、普通の人がトップレベルにいくにはトップレベルにたくさん触れることで、そこで常識とされることに自分が染まってしまうのが一番早い。人はすごいことをやって引き上げられるというより、「こんなの普通でしょ」と思うレベルの底上げによって引き上げられると思う。
わたしは思うんだけど「損したくない」ってことばかり考えていると、人って、ずるくなるんだよ。少しでも人より得しようって思うから「だったら、ズルしちゃえ」っていう気持ちが出てきてしまう。ささいなきっかけで、それがどんどん卑しい行為に結びついてしまう。
akky:

kewkitty:

Kitty does not know what to do with the butterfly that landed on its paw…LOLOL
"Ermmm…what do I do with this???"


手に止まった蝶をどうしていいものかわからないネコ

akky:

kewkitty:

Kitty does not know what to do with the butterfly that landed on its paw…LOLOL

"Ermmm…what do I do with this???"

手に止まった蝶をどうしていいものかわからないネコ

megazal:

SHY_2251-3-1-s (via shenyang@tokyo)